個人による社会のため、技術としての機会の図式をつくりました。

図1は社会の技術としての産業についての図式、図2が機会についての図式です。

【図1.社会の産業】

【図2.個人の機会】

 

所用時間は26時間でした。 

  

(C)Copyright 2000 Kyou Nissho. All rights reserved.