【サブカル】のだめ[幾何学的な振動]

のだめカンタービレを読んだ感想から、ガラス玉遊戯の図式を創り、
その図式を発想の起源と再定義し、可能性の展開をおこないました。

まずは、可能性を統合する起源に応じ、詩を展開します。

  


  『幾何学的な振動』

分解するガラスは 生誕以前のアルファベットに
  人類を夢見る 神々のパープル

幾何学が 意識以前の水平線に
  十字架の上の文明を記述するとき

  存在の条件反射が
    星座の心臓に脈打ち

生誕する引力に導かれて ひび割れながら
  変化の起源として かたどられていく 君の魂が

  鏡にかこまれた空間のなかに誕生した
    純度の高い振動となる
 
 
 
次に、この詩に相応する知的財産を評価し、
可能性の種を見つけだします。

  


−引用1始まり−

出願番号  : 特許出願2004−190502
出願日    : 2004年6月2日
公開番号  : 特許公開2005−346678
公開日    : 2005年12月15日
出願人    : 笠原 孝二
発明者    : 笠原 孝ニ
発明の名称 : 国民に実力点数を付け、それに見合った収入が得られ、
          民主主義よりも確実な国家を築く仲介派遣サーバー。

要約:

【課題】従来の労働は、個人が企業に所属、
    または個人が企業から業務を依頼される事で成立していた。
【解決手段】所属か委託かに限らず、個人が就労する際に
    インターネットサーバーが企業との仲介役となって受注、
    就労から決済まで全てを完結させる。
    就労後に項目ごとの査定を行う事で、人間に実力点数を付け、
    社会を実力通りに並べる。民主主義よりも確実な社会を築く事ができ、
    実力で世界一の国になる手法を開発したインターネットプログラムである。

−引用1終わり−

【響(きょう)により発見された可能性の種】

経済活動における起承転結の文脈を個人に還元する、
文明評価法の確立の芽が類推される。
 
 
−引用2始まり−

出願番号  : 特許出願2003−194635
出願日    : 2003年6月4日
公開番号  : 特許公開2004−364480
公開日    : 2004年12月24日
出願人    : 三好 元幸
発明者    : 三好 元幸
発明の名称 : gタイプ人材採用方法。

要約:

【課題】従来の人材採用方法の致命的ともいえる重大な欠点は、
   発案能力において天賦の才を有するgタイプ人材を採用できる確率が非常に低いことである。
【解決手段】gタイプ人材だと判断される人々の特異な資質・能力・等を分析して
   評価基準を確立し、その諸条件に合致する潜在的にgタイプと判断できる人々を
   高い確率で選別して採用する。

−引用2終わり−

【響(きょう)により発見された可能性の種】

既存の成功者の、
「才能」と「天才として評価されるまで」の過程を評価し、
得られたエッセンスを一般化するため、
動的なデータベースを構築する可能性の芽が観察される。
 
 
−引用3始まり−

出願番号  : 特許出願2002−360080
出願日    : 2002年12月12日
公開番号  : 特許公開2004−192364
公開日    : 2004年7月8日
出願人    : 株式会社ジェネシス
発明者    : 飯島 直紀 外3名
発明の名称 : クリエータ選定システム

要約:

【課題】才能あるクリエータを他のクリエータやスポンサがインターネット経由で
   効率的に発掘できると共に、当該クリエータに対し共同制作への勧誘や
   商品コンテンツの発注を可能とするシステムの実現。
【解決手段】センターサーバ12と、各クリエータのパソコン14と、
   各スポンサのパソコン18とが、インターネットを介して接続されている。
   センターサーバ12は、ユーザDB32と、コンテンツDB36と、評価DB40を備える。
   また、センターサーバ12は、コンテンツの検索結果をパソコン14、18に送信する手段、
   パソコン14、18にコンテンツを配信する手段、
   パソコン14、18からの評価データを登録する手段、
   クリエータの検索結果をパソコン14、18に送信する手段、
   特定クリエータに関する評価情報をパソコン14、18に送信する手段を備える。

−引用3終わり−

【響(きょう)により発見された可能性の種】

仮想現実感のなかで関数化された世界に対し、
参加者がどのような反応をとるかの統計をとると、
人類にとって望ましい未来のため、
好ましくない労力の用い方を防ぐのに用いられるという、
可能性の芽が観察された。
 
 
以上、著作権法第32条により、可能性の芸術の発展を公益としながら、
引用しました。

  


上述のように、サブカルチャーから得られるエッセンスは、
実は発明と非常に相性が良いのです。

では、また♪
*⌒o⌒*
 
 
図式:0962
様式:単純使用
公開:09/05/05

 

  

(C)Copyright 2009 Kyou Nissho. All rights reserved.