モノポリーの遊び方と、田舎暮らしのスローライフ。

モノポリーの遊び方は、経済活動の楽しみのエッセンスを現実化したもの。田舎暮らしはスローライフの楽しみを日々の生活にしたもの。

 

快楽の泉を、果てしなく広げ。

あるいは、安静の地を、人生と悟り。

光と闇と、太陽と星と、心一つで世界の言葉は変わるのに、
何かが欠けている。

求める手で。ガラス玉遊戯を試してみましょう。

 

1.思考を世界の起源に応じさせる

気持ちを静かに落ち着けて、まず、
赤のガラス玉にグループになる考えを導き出します。
心の奥から聞こえてくる声に耳を傾けてください。

次に、青のガラス玉にも同様のことをします。

赤のガラス玉
01:自己肯定への人間の本能
02:人間の活動のモデル

青のガラス玉
03:幻影である欲望の追求
04:自然と一体化する生活

01と02はモノポリーの遊び方を参考にしました。
03と04は田舎暮らしのスローライフを参考にしました。

それぞれのガラス玉は、グループになる考えの元になった何か、です。

黄のガラス玉
01:自己肯定への人間の本能
06:人間の世界の仮定と現出

赤のガラス玉
03:幻影である欲望の追求
05:快感で肯定される幻影

青のガラス玉
04:自然と一体化する生活

この一連の手順で、潜在意識にあった「思い込み」の壁は破られ、
思考は世界の起源に応じるようになっています。

  ※ガラス玉は何個使っても良いですし、どこに配置しても、
   何回扱っても、互いに比較するなどしても良いです。

今回は、次のような操作をしました。
(とばして、2.現象化の質問から読んでくださっても結構です。)

青のグループの元になった何かを、
赤のグループの元になった何かと取り替えました。
この時、青のグループで用いていたもので、
赤に利用できるものは残し(ここでは03)、
赤のグループの元になった何かに応じ、
新しい考え(ここでは05)を加え、新しいグループを創りました。

赤のガラス玉があったところには、
グループの元になった何かの残像が残っていました。
この残像を利用して、新しいグループの元である黄に応じて
新しい考え(ここでは06)を創りました。

青には、グループの考えのうち、残すものをともなわせて、
新しい場所を与えました。

 

2.現象化の質問

ここで、現象化の質問に答えましょう。

なぜそれを感じたのか? :経済は幻影にももとづき、
             自然生活は安静の受け入れにもとづく。
それは何と関係あるのか?:快と安静との、人間の本性の二面を
             満足させる生活が、まだ存在していない。

 

3.恩恵の評価

モノポリーの遊び方は、
人生で経験する経済活動のエッセンスを抜き出したものでできています。

刑務所に入ったり、家の競売に参加したり、負債したり、
交渉したり、さまざまな経済活動をしながら、自分の資産を増やし、
他者を破産に追い込んでいきます。

モノポリーでは、自分の判断と交渉により、
経済の流れを競技で経験できるようになっており、
遊び方ひとつで、経済活動を感じ、楽しむことができます。

田舎暮らしは、スローライフで味わうことを、
日々の生活にしてくれます。
言いかえると、生きるためにスローライフをするのですね。

自然と調和しながら暮らす日々のなかで、
時計で示される時間ではなく、四季で示される時間を楽しむ。

自分の在り方を変え、自然を楽しむのに時間を用いるという、
時間を資産といて用いるのですが、田舎暮らしでは、
スローライフという言葉は意味を失います。

モノポリーの遊び方と、田舎暮らしのスローライフに
ガラス玉遊戯を適用したところ、次のような発想がされました。

人は経済活動を有利に進めることで、自己肯定をするのですが、
自己肯定できる経済Aを考えると、経済Aは不要なものでも、
経済的価値を生むようになります。

自己肯定することの快にもとづき、経済は果てしなく拡大していきます。
そして、経済が拡大するごとに、労働の責任も増していきます。

人々は、快と疲労との間で、しだいに我を見失っていくかもしれません。

もちろん、この場合「経済活動する人」は、経営者に限りません。
経済に関わる人々一般のことです。

しかし、経済が拡大しても、人々の生命を支えるものは一定で、
人々の生命を支える産業は自然に支えられています。

快をともなった幻影を追うのか、安静をともなった自然を追うのか。
二者ともに人間の本性であることが意識されます。

では、何を生み出すのでしょうか?

 

4.お誘い

私のHPを利用することで、誰でもガラス玉遊戯を体験できます。

慣れれば何でもないことであるにも関わらず、
体験した効果は大きいです。

ぜひ、お試しください。

 

図式:0546
公開:07/05/16

 

  

(C)Copyright 2007 Kyou Nissho. All rights reserved.