ミッキーマウスの歴史とRPG作成ソフト

ミッキーマウスの歴史は、チャーリー・チャップリンをモデルとして進み、RPG作成ソフトは、人間の活動に関わるモデルの利用で発想の自由を現実にしました。

 

人類の財産を見失ったとき。孤独な。

共有される自由が可能であることを忘れ、限界を感じ、一冊の書物を手にとることにも恐れを感じ。

勇気とは、愛されていることを自覚することだと、思い出し。

一歩を。ガラス玉遊戯を試してみましょう。

 

1.思考を世界の起源に応じさせる

赤の玉と青のガラス玉を用意します。

気持ちを静かに落ち着けて、まず、赤のガラス玉からグループになる考えを導き出します。心の奥から聞こえてくる声に耳を傾けてください。

次に、青のガラス玉でも同様のことをします。

赤のガラス玉
01:思想や精神の再生
02:共有される表現

青のガラス玉
03:基本的な活動・状況・障害
04:解放された発想

それぞれのガラス玉は、グループになる考えの元になった何か、です。

青のグループの元になった何かを、赤のグループの元になった何かと取り替えます。
この時、青のグループで用いていたもので、赤に利用できるものは残し(ここでは03)、赤のグループの元になった何かに応じ、新しい考え(ここでは05)を加え、新しいグループを創ります。

赤のガラス玉があったところには、グループの元になった何かの残像が残っています。この残像を利用して、新しいグループの元である黄に応じて新しい考え(ここでは06)を創ります。

青には、グループの考えのうち、残すものをともなわせて、新しい場所を与えます。

黄のガラス玉
01:思想や精神の再生
06:変化する時代や状況

赤のガラス玉
03:基本的な活動・状況・障害
05:新たに生まれる思想や精神

青のガラス玉
04:解放された発想

この一連の手順で、潜在意識にあった「思い込み」の壁は破られ、思考は世界の起源に応じるようになっています。

  ※ガラス玉は何個使っても良いですし、どこに配置しても、何回扱
   っても、互いに比較するなどしても良いです。

 

2.現象化の質問

ここで、現象化の質問に答えましょう。

なぜそれを感じたのか? :人間の活動や、活動する環境、存在する障
             害などから、基本的な要素を取り出し、こ
             の要素を利用すると発想が素早く展開され
             るから。
それは何と関係あるのか?:行きづまった時、歴史上の出来事から基本
             的な活動や環境や障害を再現すること、あ
             るいは創造すること、そして人々と共有す
             ることと関係がある。

 

3.恩恵の評価

ウォルト・ディズニーは、ミッキーマウスを生み出すとき、チャーリー・チャップリンを意識していたことは、有名な話です。ミッキーマウスの歴史は、こうして始まったのです。実際、初期のミッキーマウスは、チャーリー・チャップリンの映画のように、どたばた喜劇で、チャップリンの映画の歴史を追うように、しだいに心優しいキャラクターに変わっていきました。
RPG作成ソフトは、人間の活動や、活動する環境、存在する障害などから基本的な要素をツールとして提供することで、誰でもRPGを作成できるようにしてあります。面白いことに、基本的な要素が提供されることで、創作の発想の自由度は下がることはなく、一般には上がっているのです。これは、絵画の基本が創作の自由度の妨げにならないことと似ています。
この二者から何が分かるでしょうか?そうです。人間の活動や、活動する環境、存在する障害などが一般化されると(以後、一般化された実際と呼ぶ)、発想の自由は人々に共有されるものになるのです。言いかえると、歴史上にあった発想から一般化された実際を再現できれば、発想の自由度は上がり、また、一般化される実際を見いだすほど、人間は内面的な豊かさを増していくのです。

 

4.お誘い

私のHPを利用することで、誰でもガラス玉遊戯を体験できます。

慣れれば何でもないことであるにも関わらず、体験した効果は大きいです。

ぜひ、お試しください。

図式:0524
公開:07/04/19

 

  

(C)Copyright 2007 Kyou Nissho. All rights reserved.