ウイット発明が発想されるレシピ036  

 

はじめてお読みになる方は、4の「はじめてお読みになる方へ」を利用
して、特許電子図書館をブラウザに、あらかじめご用意ください。
         
そして、気になったキーワードや思いついたキーワードを入力してみて
ください。
         
1.より良いパフォーマンスへ
         
自分自身のパフォーマンスを上げたい、と多くの人々が思っていること
と思います。
         
より良いパフォーマンスにいたるためには、成功のための良いモデルが
必要になります。
         
成功のための良いモデルが手に入って、成功できないとしたら、それは
何故でしょう?
         
それは、成功のためのパフォーマンスが、頭のなかで描いていることと、
現実とで、一致していないからではないでしょうか?
         
より良いパフォーマンスへと、自己のパフォーマンスをフィードバック
して、身につけていかなければなりません。
         
2.スポーツを例に
         
スポーツを例にすると、分りやすいですね。
         
良いフォームを身につけるには、鏡に映したり、助言者に観察してもら
ったり、ビデオに映したりします。
つまり、自分を客観的に見られるようにするのが、最初なのですね。
         
実は、成功についてのこの分野の特許の出願数は、あまり多くないよう
なのです。
         
特許電子図書館のキーワード:自己 概念
         
狙い目かもしれません。
         
3.どんなモデルが良いか
         
自己フィードバックが上手くいきはじめると、単にフォームにあわせる
だけでなく、自分の個性が活きるように改善が進むかもしれません。
         
その時、自分が用いてきたモデルの正体が分り、より良いモデルへのイ
ンスピレーションが湧いてくるかもしれません。
潜在能力が発揮されはじめるのですね。
         
ところで、成功のモデルとはどのようなものでしょうか?
         
それは、あなたに利益をもたらす人々を幸福にするモデルですね。
人は、自分を幸福にしてくれる返礼として、あなたに利益をもたらすの
です。
         
社長も、最終的には消費者に雇われている、という言葉を聞いたことが
あります。
         
成功のモデルにかなうように、あなた自身をフィードバックしていくう
ちに、あなたは人々に感謝されるようになり、それがより良い成功のモ
デルへの洞察へとつながっていくのではないでしょうか。
         
4.はじめてお読みになる方へ
         
貴方は特許電子図書館をご存じでしょうか?
まだご存じでない方は、以下をお試しください。
         
Googleのようなキーワード入力で、特許庁のデータベースを検索
し、公開された発明を見ることができるのです。
「特許電子図書館」でインターネットで検索すれば、簡単に見つかりま
すので、ブックマークしておくと良いです。
特許電子図書館の「初心者向け検索へ」の項目にある「特許・実用新案
の検索」をクリックしてください。

  

(C)Copyright 2005 Kyou Nissho. All rights reserved.