まぐまぐ『ガラス玉遊戯』012サンプル  

 

□普遍的可能性とは何か?□

例として、一番最近のものを利用します。
http://glass-bead-game.potential-performers.com/sakuhin2/009.html

理念というものがありますね。概念の概念です。
例えば、「好き」という概念は一定の説明をすることができます。
しかし、「愛」という理念は、一定の説明では説明しきることができま
せん。「好き」という概念のさらに上位の概念でありながら、異性にも、
人種問題にも、子供にも、さまざまに説明できるよう、適用されます。

可能性というのも、また、概念で示されます。
この概念に上位の概念、つまり理念を設定することで、ガラス玉遊戯は
可能になります。

この理念としての可能性を、普遍的可能性、と呼んでいます。

しかし、図式内で、理念としての可能性の直接の説明はありません。
一定の説明のできないものが理念であるから当然、とも言えますけれど
も。

では、この普遍的可能性は、どのように解釈されるのでしょうか?
説明できなくとも、解釈が可能でなければ、美を成立させるものとして
利用することはできません。

まず第一に、複数の概念としての可能性を普遍的可能性の特殊例として
挙げていくことが一つ。

第二に、平均的解釈を、展開された概念の全体像の特殊例とすることで、
個々の普遍的可能性の解釈としての全体像を可能にすること、がもう一
つ。

個々の普遍的可能性の特殊例としての可能性群と、全体像の特殊例とし
ての平均的解釈とで、個々の普遍的可能性をいかに解釈するかの条件づ
けが行なわれます。
この条件により、普遍的可能性が特徴づけられ、特徴づけられた普遍的
可能性に、何か新しい複数の可能性が生じるように感じられることで、
再び普遍的可能性の内容の変容が感じられるところに、調和が成立する
ことになります。

調和が成立することで、美が可能になります。

それでは、また、次回に。

  

(C)Copyright 2005 Kyou Nissho. All rights reserved.