夢幻から予兆を得て経験に変える

人間が感じる予兆を、経験で再評価することについて、素材をご用意することができました。ガラス玉遊戯を楽しんでいただけることと思います。あなたの仕事や作品を考える場合の参考にしてください。

1.テキスト

インターネットなどにある全てのテキスト(記事など文化的資産)には秘密の意味があります。ここでは私が創った詩を採用します。

  『夢幻の導き』

ここはどこだろう?

石を手にとると
  砂のようにくずれて 風にながれる

小川は音もなく流れている
  風は木をゆらすけど

  ほほには何も感じられない

香りの無い花が開き
  どこからか

  時計の音

意味の以前 ここでは
  命が予兆としてあり

光の足音 まわる秒針

気化した巨人たちが歩いている

この場所の 記録をとろう
  私はまだ 生まれていないのだ

  やがて目が覚めて

鋭角の大地に 鳴り響く鼓動
  巨人たちが力をふるう

  限りある世界に

記録と符合する しるしを見るだろう

生をうけて 忘却してしまう
  世界を導く夢幻の変化

私は生きていく

 

2.現象化の質問

テキストにある秘密の意味を明らかにするため、ガラス玉遊戯でおこなう現象化の質問に答えます。答える人自身が反映されます。

なぜそれを感じたのか? :予兆は当たる場合とはずれる場合があるが、
             人間は予兆を感じとるから。
それは何と関係あるのか?:TRIZなど、発見や発明の経験を形式化
             した思考の手段と関係がある。

 

3.ガラス玉への考え

ガラス玉遊戯では、ガラス玉への考えから現象化の質問へと移りますが、素材を求める場合は逆順になります。

ガラス玉はさまざまな考えの元になる何かを示す手段です。
http://glass-bead-game.potential-performers.com/g-kugel.html

ガラス玉Aの考え:パンドラの箱 幻影 予見 経験の創造 観察

ここで、他の人の参加が欲しいところですが、代用として私の持っている図式群から関連する他の考えをリストしてみます。

ガラス玉Bの考え:普遍性 一回性 創造 遍在 ポエジー

 

4.成功への意味

ガラス玉遊戯は原因を扱う芸術です。3での考えは、すでにガラス玉遊戯で相互関係がとられています。

人間は予兆を感じる生き物でもあります。なぜ予兆が感じられるのか、いろいろな説明があると思います。人間はさまざまな経験をしながら生きていますが、異なった経験も一つの世界観で把握されています。これは、経験されたある物事は、すでに経験された他の経験とも関係づけられていることを示していると思います。能では、物事がさまざまな経験に応じるように表現されることで、遍在する何かが感じられる普遍化がおこなわれています。人間は遍在する何かに応じて過去の経験を利用することで、ある現象に未来の何かを感じます。しかし、過去の経験は意識されずに利用されているため、何と関係している予兆なのかが分からないのです。この場合、過去の経験を検証することで、「何の予兆」だったのかが分かるかもしれません。

TRIZという発想法があります。これは、発明するのに用いられた経験を形式化した思考法です。人間が取りうる経験が網羅されているので、感じられた予兆に用いられた経験を探すのに利用することができます。

経験の一般化が可能になれば、予兆の検証能力は向上するでしょう。

 

5.素材のためのお願い

あなたが独自のガラス玉遊戯をする際、私の提供するガラス玉遊戯の素材は加速効果をもたらすでしょう。

複数の人とガラス玉遊戯をすることをお勧めいたします。

ガラス玉遊戯の素材を読むことで、ガラス玉遊戯によって世界が生まれる起源に反応する理性能力が活性化されることと思います。つまり、この記事を読んだ人の感想は、ガラス玉遊戯の新たな展開の予感なのです。

多くの方々のご感想をいただくことで、私はあなたのお役に立つことができます。あなたのお知り合いにこの記事を見せてくださることを、期待いたします。

私に、あなたの成功のお手伝いをさせてください。

http://glass-bead-game.potential-performers.com/

 

図式:0494 0151
公開:07/03/23

 

(C)Copyright 2007 Kyou Nissho. All rights reserved.