誘導する概念:「他者の制作する場面に従って事象の好転を期待すること」

記号:−未定−

その現実性

[テーマ1]
成果: 構成: 時間・空間の順序
機能: 受益者の要求に従う: 快
内容: 芸技の披露: (特定されない)

[テーマ2]
予定: 自動化された満足: あらかじめ特定された欲望
選択: 行程のコントロール: 自由に決めてよい変化

ガイド

テーマ1:舞台が表現するもの
 きまり1−1:構成
 きまり1−2:受益者の要求に従う
 きまり1−3:芸技の披露

   技術1:スポーツカー
    きまり1−1:構成
    きまり1−2:受益者の要求に従う

   技術2:レストラン
    きまり1−1:構成
    きまり1−2:受益者の要求に従う
    きまり1−3:芸技の披露

テーマ2:機能を発揮する空間
 きまり2−1:自動化された満足
 きまり2−2:行程のコントロール

   技術3:セラピ―
    きまり2−1:自動化された満足
    きまり2−2:行程のコントロール

   技術4:人工衛星
    きまり1−1:構成
    きまり1−2:受益者の要求に従う
    きまり2−2:行程のコントロール

(C)Copyright 2002 Kyou Nissho & Aki

図式の解釈

[テーマ1について]

時間や空間など、現在は操作できない現象の性格も、小説や劇などのなかでは自由自在に構成される。これら作品が影響を及ぼすのは心に対してである。

作品によって影響されると予定される心の要素に、現実において刺激を与えられれば、作品が与えられなくても、作品の世界観を受け入れる準備ができる。

作品の世界観を心に受け入れさせる複数の要素が、作品の世界観が現実であるかのように互いに関連しあうなら、この関連を実現する機構が紹介されない作品の演出装置となり、この機構の利益を得る人は、出演者としての役割を持つことになる。 

[テーマ2について]

思考や欲望など、人間の特徴なしにも、人間らしい活動をする機構は可能である。例えば宇宙探査衛星やシミュレータなど。これらの人間らしい活動とは、人間から導き出された規則が、機構により実現されることによる。

こうした機構は、人間が接しない現実の世界において、人間に代わって活動できる。

未知の状況が人間らしい活動をする機構に影響をもたらすことは、現実化された人間から導き出された規則と現象とのさまざまな関係を具体化していることから、未知の情報や対象を人間が得る機会になる。

[テーマ1と2の解釈の組合せから]

人間の特徴である心の働きや活動の傾向の一部に働きかけるような、人間らしい活動をする機構による未知の世界の実測と、世界観をふせたまま不特定の人を登場人物とする演出装置である機構が、同時に可能であることが分かる。

このことから、何が影響を与えているかを隠したまま、心などの人間的な活動の一部を強めたり弱めたり、固定したり浮動させたりすることができる、人間にとっての安静から破壊にいたるまでの影響力の範囲を持つ方法あるいは機構が可能になることが、想定される。

(C)Copyright 2002 Kyou Nissho

 

(C)Copyright 2002 Kyou Nissho. All rights reserved.