誘導する概念:リアルとアンリアル

ガイド

 

[記号]

−未定−

   [誘導に用いた概念]

    リアルとアンリアル

   [その現実性1]

    分類: 未知の事物
    条件: 空間における作成
    比喩: 同一属性に見える異物

    比喩:  −未定−
    手段:   − −
    条件:   − −

    類似:  −未定−

   [その現実性2]

    選択:  −未定−
    継続:   − −
    抽出:   − −

    体感:  −未定−
    条件:   − −
    事例:   − −

    −未定−: −未定−

[ガイド]

テーマ1: より良い視点
 きまり1−1: 判断の基準
 きまり1−2: 眼識の能力
 きまり1−3: 月と太陽

              技術1: 方向と距離
               きまり1−1: 判断の基準
               きまり1−2: 眼識の能力

テーマ2: 創造の徒
 きまり2−1: 陰と陽
 きまり2−2: 闇と光線
 きまり2−3: 現象の分類

              技術2: 投影
               きまり1−3: 月と太陽
               きまり2−2: 闇と光線
               きまり2−3: 現象の分類

テーマ3: 未踏の地を想像する
 きまり3−1: 関連の判定

[パート]

−Kyou N.−

  [テーマ1]

   分類: 判断の基準:
   条件: 眼識の能力:
   比喩: 月と太陽:

  [テーマ2]

   比喩: 陰と陽:
   手段: 闇と光線:
   条件: 現象の分類:

  [テーマ3]

   類似: 関連の判定:

−Pirochu−

  [テーマ1]
   選択: 判断の基準:
   継続: 眼識の能力:
   抽出: 月と太陽:

−ぺろちゃん−

  [テーマ2]

   体感: 陰と陽:
   条件: 闇と光線:
   事例: 現象の分類:

(C)Copyright 2002 Newculture

[解釈の例]

任意に決めてよいが、今回は「その現実性」1と2を、時間順に、それぞれ理由と目的の関係でとらえ、同時に2を1の補足として、図式を解釈する。

<その現実性1>

空間的に潜在的な差異を予測し、整理の手段としての体系を評価の手段として、未知の事物を要素としてとらえる。
           ↓
空間について、想像上のものも含めることを認めて、自由に事物の差異を表現し、観察や造作への活動に寄与する。
           ↓
既知と未知の選別がなされること。

<その現実性2>

一要素を抽出するということについて、グループを想定あるいは規定する場合。
           ↓
現実の環境に適用される、人の生存についての判断に利用できるものとして。
           ↓
          −未定−

<2を1の補足として見た場合、1と2からの可能性を目的で表現>

人間の活動における損益を変更する、生存の状況の判定・判断のための、空間の差異一般の利用。

(C)Copyright 2002 Kyou Nissho

 

(C)Copyright 2002 Kyou Nissho. All rights reserved.