日本人の特質

【日本人の特質】

物事に、おのずから生成変化する理を感じ、物事の昇華に自らを一体化し、
万物の和をもって会得とする。

生成変化する万物の理をもって自らの在り方とするため、
日本人の精神を思想へと固定するには、自然言語は不十分。

草木や自然現象のみならず、物質にも人格を感じ、
自己が存在の恩恵であることに感謝し、奉仕を基本的な在り方とする。

もって、万物に調和をもたらすことを喜びとする。


【日本のサブカルチャー】

多くの場合、日本人の精神は言語で固定されない。
同時に、日本人は集団生活を尊重する。
であるから、日本人は、自らを主張することが少ない。

他方、
生成変化する万物の理をもって自らの在り方とする日本人は、
万物を利用して精神を止揚(アウフヘーベン)する。
それは、昨今は、テクノロジーの利用において、顕著である。
これらは主に日本のサブカルチャーにおいて現れる。
例えば、アニメ、ゲームそして他の趣味において。

日本のサブカルチャーは、社会に受け入れられていないが、
日本人の精神の積極的な現れである。



上述の日本人の特質は、
聖徳太子により日本が中国から独立する前も後も、
戦国時代の前も後も、明治維新の前も後も、第二次大戦の後も前も、
日本人に一貫して発見されるところのものと確信します。

「日本人は『和』の心を失った」と言う人がいますが、
例えば、となり近所で醤油や味噌の貸し借りをするとか、
村の子供は村人全員で育てるとか、「表層的な和の形」は、
変化しただけで、今も残っています。

例えば、「アメリカの自由と平等を日本の模範とする」とか、
「戦前の日本は中国や南北朝鮮にひどいことをしたから、
 反省を日本の模範とする」という主張が「現代の表層的な和の形」です。

鳥や風の音を聞いて、論理をつかさどる左脳にアルファ波がでる日本人は、
どうしても、万物に人格を感じ、万物の調和のなかで安心しようとします。
おそらく、日本人は「和」を失うことはできないのでしょう。
(欧米諸国の人々と中国朝鮮の人々は鳥や風の音を聴くと、
 右脳にアルファ波ができます。)

もちろん、短所もあります。万物に人格を感じるが故に、
日本人は、唯一神など「万物を超えた原理」を受け入れにくく、
原理への信頼から万物を超越する実践として行う「基礎発明」が苦手のようです。
もっとも、他国でなされた基礎発明もまた、日本人にとっての「万物」に属し、
上述の【日本人の特質】によって、驚異的な勢いで「応用発明」が上書きされ、
オリジナルを超えてしまうことが、よく見られますけど。

ところで、保守的な意味でも、革新的な意味でも、
日本人の多くは現在の日本に疑問を感じているようです。
一つの時代の転換点だと自覚し始めているのかもしれません。

日本人は歴史上、常に、自己改革に成功してきました。
今度の自己改革は、どのようになされるのでしょうか?

(2008年11月22日発表)
(2011年11月20日更新)

 

(C)Copyright 2008-2011 Kyou Nissho All rights researved.