*文書所*


[特許電子図書館で公開されている発明]

−引用はじまり−

出願番号 : 特許出願平11−132917 出願日 : 1999年5月13日
公開番号 : 特許公開2000−321988 公開日 : 2000年11月24日
出願人 : 鐘紡株式会社 発明者 : 前澤 洋介 外1名

発明の名称 : 商品推奨ツール

要約:

【課題】多種多様な商品群の中から、顧客の商品購入条件に合った商品群を、短時間で、しかも印象的に提示することのできる優れた商品推奨ツールを提供する。
【解決手段】台紙1の所定部分に、質問チャート20と結論部21からなるチャート表示部Aが設けられており、上記台紙1の他の部分に、カード群Bの各カード22…が互いに重ねられた状態で、台紙1に植設されたプラスチックピン7によって片端部が軸支されて一枚ずつ側方に回動させて引き出すことができるよう取り付けられており、上記台紙1のさらに他の部分の、引き出されたカード22…と重なる部分に、多数の商品が所定間隔で配列された状態で表示される商品表示部Cが設けられており、上記チャート表示部Aの結論部21のいずれかの結論表示と一致する表示部を有するカード22…を、上記カード群Bから引き出して上記商品表示部Cに重ねることにより、そのカード22…の切欠き窓51から、その結論表示に対応した商品群のみを選択的に提示することができるようになっている。

−引用おわり−

[響による可能性の芸術への発想]
レスポンス広告というのが、最近、話題にのぼっている。客の反応を受け取りながら行なう広告のことで、例えば広告に番号が小さく印字された割引券がついていて、この割引券を使うと、小さく印字された番号から、どこで打った広告が効いたかが分かり、その統計から効果的な販売戦略が分かる、というものである。これを対面セールスでできるようにしたのが、この発明のアイデアと言えるだろう。


著作権法第32条により、可能性の芸術の発展を公益としながら、引用。
 

 

(C)Copyright 2005 Kyou Nissho. All rights reserved.