*文書所*


[特許電子図書館で公開されている発明]

−引用はじまり−

出願番号 : 特許出願2002−171906 出願日 : 2002年6月12日
公開番号 : 特許公開2004−21342 公開日 : 2004年1月22日
出願人 : 金田 重郎 外2名 発明者 : 白石 旭 外5名

発明の名称 : 集団的行動判別システム、集団的行動判別方法および集団的行動判別プログラム

要約:

【課題】集団の中で社会生活する個体の行動を判別すること、又は集団自体の行動それ自体を集団の行動から推定して判別することが可能な集団的行動判別システム、集団的行動判別方法および集団的行動判別プログラムを提供する。
【解決手段】集団的行動判別システム1は、集団を構成する2個以上の個体10毎の位置又は移動に関する物理量を測定して行動情報とする位置測定手段20と、特定の時間帯を検出する時間帯検出手段30と、前記行動情報と前記時間帯とに基づいて、前記集団の該時間帯における行動種別を判断する行動判別手段40とを有することを特徴とする。
【選択図】   図1

−引用おわり−

[響による可能性の芸術への発想]
良い意味での村主義が無くなった現代、集団と個人の関係を科学的に分析する方法は、これから重要になってくるだろう。社会への信頼感は低まっているが、社会を必要とすることに変わりはなく、社会機能を独力ないし科学の力で構成する必要があるからである。


著作権法第32条により、可能性の芸術の発展を公益としながら、引用。
 

 

(C)Copyright 2005 Kyou Nissho. All rights reserved.