*文書所*


[特許電子図書館で公開されている発明]

−引用はじまり−

出願番号 : 特許出願平5−171196 出願日 : 1993年6月17日
公開番号 : 特許公開平7−67963 公開日 : 1995年3月14日
出願人 : 小川 博章 発明者 : 小川 博章

発明の名称 : 意識強化及び精神安定化装置

要約:

【目的】 特定波長の色を利用した視覚による外界からの刺激によって精神の安定を図り、願望実現のためのイメージ作りや潜在意識の顕在化を図ることができ、延いては明るく前向きで積極的な願望達成のための意識強化を高める。
【構成】 通常低い潜在意識が活発になる時間に合せて所定波長の光を出射するランプを備えており、これを作動させ、外界から視覚的刺激を与えることによって精神の安定及び意識の潜在化を高めると共に願望等を意識の中に刷り込み、願望等の達成に向けて努力を重ねるように明るく前向きで積極的な意識の強化を図ることができる。

−引用おわり−

[響による可能性の芸術への発想]
光の波長と、一日の時間における生体のリズムとを関連づけたところが評価できる。
特定の装置を用意するというより、照明器具などで光の波長が変化する、というようにすれば、顕在意識を回避するということで、より潜在意識に影響を与えやすいだろう。


著作権法第32条により、可能性の芸術の発展を公益としながら、引用。
 

 

(C)Copyright 2005 Kyou Nissho. All rights reserved.