*文書所*


[特許電子図書館で公開されている発明]

−引用はじまり−

出願番号 : 特許出願2002−537297 出願日 : 2001年10月29日
公表番号 : 特許公表2004−512300 公表日 : 2004年4月22日
出願人 : 502268944 発明者 : ステファン フォン ホルステン 外5名

発明の名称 : 神経学的および神経心理学的疾患の治療方法

要約:

本発明は、人を含めた動物の心身症、抑うつ症および神経精神病、例えば不安、うつ病、不眠症、統合失調症、てんかん、痙攣および慢性の痛みの治療法について開示する。適したDP IV阻害剤を投与すると、その結果として哺乳動物の脳におけるニューロペプチドY(NPY)の分解が減少する。そのような治療は、機能的に活性なニューロンのNPY(1−36)の濃度低下を減じたりまたは遅らせることになる。内因性NPY(1−36)の安定性が高まった結果として、NPY活性が延長され、それによって特に機能的に活性なNPY YIレセプター活性が生じ、それによって抗うつ、不安解消、鎮痛、抗高血圧および他の神経学的効果が促進される。

−引用おわり−

[響による可能性の芸術への発想]
思考が思考の反射を作っているなら、この思考の反射を抑えることで、思考は思考の反射から開放されて、客観的な世界観を回復できるのだろう。
また、この発明からは、不安の思考の反射が抑えられると、鎮痛効果や、抗高血圧効果があることが、理解される。


著作権法第32条により、可能性の芸術の発展を公益としながら、引用。
 

 

(C)Copyright 2005 Kyou Nissho. All rights reserved.