*文書所*


[特許電子図書館で公開されている発明]

−引用はじまり−

出願番号 : 特許出願2000−187444 出願日 : 2000年6月22日
公開番号 : 特許公開2002−4491 公開日 : 2002年1月9日
出願人 : 銅金 裕司 発明者 : 銅金 裕司

発明の名称 : 水槽組み合わせ装置

要約:

【課題】 近年の高度成長化にともなって失われつつある自然を、水槽を利用した小自然を住居に復活して心のなごみや癒しをはかることにある。
【解決手段】 水槽2を透明な合成樹脂材で直方体等のブロック状に形成し、これらの水槽2を組み合わせ、適宜に植木等を植設した園芸ブロック体を介挿して家具、インテリア、建築部品、園芸装置等を構成するようにしたものである。

−引用おわり−

[響による可能性の芸術への発想]
魚の遊泳は、生物の浮遊の印象があるので、住居内の空間数箇所に観賞用の魚が泳いでいれば、癒しの効果は大きいだろう。その意味では、空間中に安全に配置できる道具が、むしろ欲しい。


著作権法第32条により、可能性の芸術の発展を公益としながら、引用。
 

 

(C)Copyright 2005 Kyou Nissho. All rights reserved.