*文書所*


[特許電子図書館で公開されている発明]

−引用はじまり−

出願番号 : 特許出願2003−299355 出願日 : 2003年7月22日
公開番号 : 特許公開2004−96749 公開日 : 2004年3月25日
出願人 : 高山 志朗 発明者 : 高山 志朗

発明の名称 : 双方向TV映像データ・システム

要約:
   (修正有)
【課題】従来のテレビ放送局は不特定多数の視聴者へ一方的に情報を放映するのみであり、視聴者個々へ双方向性を持たせた情報サービスを提供することは不可能であった。
【解決手段】映像に位置情報を付加させて、データとしての映像コンテンツを作成し、インターネットを介し双方向性を持つデジタルテレビ放送局を可能とする。双方向性を持つデジタルテレビ放送局が提供するサービスとは、テレビを見る視聴者本位でのサービスであり、不特定多数からなる各々の視聴者がいる位置から目的とされる、デジタル双方向番組で紹介される位置へ移動方法と交通手段であり、かかる時間と金額であり、興味を持つものへの情報検索からなりたつ画像データベースを利用した情報提供である。本発明は、従来のマスコミュニケーションでの一方通行な情報伝達方式では到底提供することができない不可能とされたきめの細かな双方向性を持つサービスを提供するための方法である。
【選択図】図2

−引用おわり−

[響による可能性の芸術への発想]
人の興味に反応するには、インタラクティヴな手段が講じられなければならない。しかも、日常生活の各場面でインタラクティヴが現実化される何らかの手段は、人の心を虜にする現実の提供法であろう。



著作権法第32条により、可能性の芸術の発展を公益としながら、引用。
 

 

(C)Copyright 2005 Kyou Nissho. All rights reserved.