*文書所*


[特許電子図書館で公開されている発明]

−引用はじまり−

出願番号 : 実用新案出願2004−1610 出願日 : 2004年3月29日
登録番号 : 登録実用新案第3104256号 登録日 : 2004年7月7日
実用新案権者 : 笠原 章男 考案者 : 笠原 章男

考案の名称 : 庭園陶ライト

要約:

【課題】電気配線が不可能な場所にあっても自由設置、自動点灯でき、しかも風雨の耐久性に優れ、昼夜を通して観賞用、表札として利用できる庭園陶ライトを提供する。
【解決手段】庭園陶磁器1の天井円形開口部1aより、ソーラーライト2を挿入、支柱2bを土に差し込み固定する。ソーラーライト2の蓄電部2aに昼間電気が蓄積され庭園陶磁器1の貫通形成3より夜間光を発する。
【選択図】図1

−引用おわり−

[響による可能性の芸術への発想]
こうした構造体のビジネスとしての成功は、プロデュースの感覚があるかないか、といったところだろうか?


著作権法第32条により、可能性の芸術の発展を公益としながら、引用。 

 

(C)Copyright 2005 Kyou Nissho. All rights reserved.