*文書所*


[特許電子図書館で公開されている発明]

−引用はじまり−

出願番号 : 特許出願2003−165892 出願日 : 2003年6月11日
公開番号 : 特許公開2005−4398 公開日 : 2005年1月6日
出願人 : 太刀川 弘和 発明者 : 太刀川 弘和 外1名

発明の名称 : インターネットを利用した精神疾患の診断・予防システム

要約:

【課題】インターネット上で利用者が自身の精神症状を評価し、心理教育ソフトウェアを実行して自ら精神症状を早期に治療できる、精神疾患の診断・予防を目的とした統合システムの提供。
【解決手段】ネットワーク接続された複数の利用者端末(パーソナルコンピュータ、携帯電話など)、複数のリンクしたウェブ・ページ、複数の心理教育ソフトウェアからなる、診断から予防的治療までを行なうことが可能な統合サイト(サーバー群)により構成される。統合サイトはHTMLを用いたウェブ・ページ、およびプログラム実行のためのCGIスクリプトを作成すると共に、利用者端末にインストールする心理教育ソフトウェアを作成する。クライアントは心理教育ソフトウェアを利用者端末上で実行し、精神症状の予防的改善を図る。このシステムにより従来困難な精神疾患の予防が可能となり、医療費の抑制に寄与すると共に、利用者側の負担も医療機関受診に比して軽くなる。

−引用おわり−

[響による可能性の芸術への発想]
インターネットで心理を検査するシステムでは、特定のクライアントとのマンツーマンとは違い、検査範囲を広く取れるロジックとアルゴリズムが実現される必要があるだろう。診断を受けるか受けないか、自発的な予防的活動にうながすこと、と限定することが、一般に心を検査するシステムの成果を現実にしたのなら、専門外からも関心が持たれるところだろう。


著作権法第32条により、可能性の芸術の発展を公益としながら、引用。
 

 

(C)Copyright 2005 Kyou Nissho. All rights reserved.