*文書所*


[特許電子図書館で公開されている発明]

−引用はじまり−

出願番号 : 特許出願平10−92521 出願日 : 1998年3月20日
公開番号 : 特許公開平11−296651 公開日 : 1999年10月29日
出願人 : 川崎 勝義 外2名 発明者 : 川崎 勝義 外7名

発明の名称 : 実験動物の行動観察の自動化方法

要約:

【課題】 実験動物の行動観察を自動化して、所要時間の短縮を図ると共に、データに客観性をもたせる。
【解決手段】 オープンフィールド6内におけるラット7の行動をビデオカメラ1によって撮影し、撮影したVTR画像におけるラット7の行動を観察した観察者によってラット7の行動を6つの行動項目に分類しておき、前記VTR画像をコンピュータ5に取り込んだディジタル画像を画像処置して7項目より成る画像パラメータを抽出し、観察者が判定した各行動項目ごとの画像パラメータを比較してラット7の行動判定のためのアルゴリズムを作成する。

−引用おわり−

[響による可能性の芸術への発想]
動物と接することを日常としている者の活動方法を客観かすることで、動物と接する機会の少ないものも、動物のいるフィールドでの活動を効率よくしたり、安全性を増すことができる。
これは、動物に関してのみならず、都市生活での安全性に関しても、応用できる。


著作権法第32条により、可能性の芸術の発展を公益としながら、引用。
 

 

(C)Copyright 2005 Kyou Nissho. All rights reserved.