*文書所*


[特許電子図書館で公開されている発明]

−引用はじまり−

出願番号 : 特許出願2002−383259 出願日 : 2002年12月13日
公開番号 : 特許公開2004−194629 公開日 : 2004年7月15日
出願人 : 永田 安昭 発明者 : 永田 安昭

発明の名称 : 花茶の喫茶と販売方法

要約:
   (修正有)
【課題】外来のコーヒーや紅茶などと日本古来の「わび、さび」を連想する茶法との両面茶法を手本として、創作改善した近代茶法を普及させ、ストレスの解消と癒しの心を養う。
【解決手段】ストレスの解消と癒し感覚の促進を図るため、花茶を透明容器(茶具)に入れ、色素を加えて色調を整え、花茶ムードを演出し、喫茶できるようにする。又、花茶用具をセットにして販売する。
【選択図】 図1

−引用おわり−

[響による可能性の芸術への発想]
花茶では、使われる花の花言葉で心の楽しみが得られるとか、透明や容器で花という命と自分の命との関わりを感じられるが「わび さび」に関連づけたのは面白い。花言葉他との関連づけは、きっと、奥が深いことだろう。


著作権法第32条により、可能性の芸術の発展を公益としながら、引用。
 

 

(C)Copyright 2005 Kyou Nissho. All rights reserved.