*文書所*


[特許電子図書館で公開されている発明]

−引用はじまり−

出願番号 : 特許出願平10−118049 出願日 : 1998年4月28日
公開番号 : 特許公開平11−308928 公開日 : 1999年11月9日
出願人 : 日本ナチュロック株式会社 発明者 : 志村 茂

発明の名称 : プランター

要約:

【課題】特に屋外で使用するようなプランターにおいて、大型化、耐久性、低廉化を両立させるとともに、従来のプランターの無機質感を解消し、プランターに植えられた植物が自然な状態で繁茂しているような風情を与えるプランターを提供することを目的とする。
【解決手段】廃タイヤをそのままプランターとして再利用して自然感を出すために、廃タイヤのトレッド部ならびにサイドウォール部に溶岩等の石類を接着等の手段で一体化する。さらに、植物等を植栽するためのポットとして、廃タイヤと一体のタイヤホイールを用いることもできる。耐久性のある大型のプランターが安価に作成できるとともに、外周部に石類を一体化したことによって、プランターに植えられた植物があたかも自然な状態で成育している風情を与えることができる。さらに、廃タイヤの簡便な再利用方法を提供でき、ゴミ問題解決の一助とすることができる

−引用おわり−

[響による可能性の芸術への発想]
朝顔が竹ざおにからみつきながら成長するように、植物特有の成長と相互関係が生まれる構造体の探究は、面白いテーマではないのか?


著作権法第32条により、可能性の芸術の発展を公益としながら、引用。 

 

(C)Copyright 2005 Kyou Nissho. All rights reserved.