*文書所*


[特許電子図書館で公開されている発明]

−引用はじまり−

出願番号 : 特許出願2001−246952 出願日 : 2001年8月16日
公開番号 : 特許公開2002−112969 公開日 : 2002年4月16日
出願人 : 三星電子株式会社 発明者 : 金 載 ▲右▼ 外3名

発明の名称 : 身体及び感情状態の認識装置及び方法

要約:

【課題】 身体に着用及び分離が便利で簡単に生体信号を検出して身体及び感情状態を認識できる身体及び感情状態の認識装置及び方法を提供する。
【解決手段】 身体の所定部位に装着されて前記身体から検出した少なくとも一つ以上の生体信号をアナログ信号処理して出力する生体信号検出部及び、生体信号検出部で信号処理された生体信号をデジタル信号処理し、信号処理された結果から身体及び感情状態を認識及び表現する生体信号認識部とを具備する。これにより、使用者の動きに邪魔されずに身体の所定部位に装着され、無線や有線で伝送される生体信号を容易に検出でき、検出された生体信号を用いて認識した身体及び感情状態を使用者に提供でき、急激に変わる感情状態または変わった後に長く残留する感情状態をリアルタイムで認識できる。

−引用おわり−

[響による可能性の芸術への発想]
心身の状態を把握できることは、心身の状態を調整する前提となる。


著作権法第32条により、可能性の芸術の発展を公益としながら、引用。 

 

(C)Copyright 2005 Kyou Nissho. All rights reserved.