*文書所*


[特許電子図書館で公開されている発明]

−引用はじまり−

出願番号 : 特許出願2002−125287 出願日 : 2002年4月26日
公開番号 : 特許公開2002−268530 公開日 : 2002年9月20日
出願人 : ネットブレイク株式会社 発明者 : 水島 範恭

発明の名称 : ロールプレイングゲーム方式による情報収集分析兼指導教育装置及びロールプレイングゲーム方式による情報収集分析兼指導教育方法。

要約:

ユーザーがロールプレイングゲームをしながら効率よく社員などユーザーに関する様々な情報を収集し、企業などに有益な様々な分析を行いつつ、効果的にユーザーを指導教育する装置及び方法に関する。
【課題】社員などユーザーに関する情報の収集と企業などに有益な情報の分析及びユーザーに対する指導教育を同時期にいかに効率的かつ効果的に行うかを課題とする。
【解決手段】ユーザー端末装置と管理者端末装置とサーバーを用い、社員などユーザーはロールプレイングゲーム方式による学習を行い、ユーザーはサーバーの出す指示に従って行動をしたりサーバーの出す質問に回答することにより、サーバはユーザーの様々な情報を収集し、ユーザーの習得度、行動パターン、性格、企業などにおけるユーザーの動向や特徴、新規事業を展開した場合の予想される収益などを分析し、かつ分析結果を用いてユーザーに対し指導教育を行う。

−引用おわり−

[響による可能性の芸術への発想]
活動に関する、背景・方法・目的・その他の雛型について、各人がどのように反応するかを、グループダイナミクスの見地から、解明するのに役立つだろう。



著作権法第32条により、可能性の芸術の発展を公益としながら、引用。 

 

(C)Copyright 2005 Kyou Nissho. All rights reserved.