*文書所*


[特許電子図書館で公開されている発明]

−引用はじまり−

出願番号 : 特許出願2003−546320 出願日 : 2002年11月20日
公表番号 : 特許公表2005−509923 公表日 : 2005年4月14日
出願人 : 504195118 発明者 : アダムス トニー

発明の名称 : 関連のあるものの見方に触れることを通しての教授方法

要約:

本発明は、その独自性が技能の特性により決定される、例えばゲームプレイヤー、動物またはボールのような、関連のある人、動物、物体のものの見方に生徒を触れさせ、または、さもなければ経験させ、ものの見方を与えるために、例えばビデオ、コンピュータアニメーション、バーチャルリアリティ、またはロールプレイングのような技法を用い、例えば、狩猟、トラッキング、ゲームプレイングのテクニックのような技能の教授方法である。この方法は、大まかに言って、技能に関連する物の行動を特定するステップ(10)と、;生徒によって明確に理解できる行動と関連のある物のものの見方をモデル化するステップ(12)と;適切な技法を用いてモデルを実行するステップ(14)と;生徒が、その技法を通して、物のものの見方を経験し、それにより行動および技能をより理解することができるように、生徒にその技法の手ほどきをするステップ(16)とを有する。

−引用おわり−

[響による可能性の芸術への発想]
ロールプレイングは、背景・手段・目的などを定義して開始できるが、役割を演じる人のモデルとなる人を中心に、これら定義を行なうと、マンツーマンに近い教育システムにすることができる。



著作権法第32条により、可能性の芸術の発展を公益としながら、引用。 

 

(C)Copyright 2005 Kyou Nissho. All rights reserved.