*文書所*


[特許電子図書館で公開されている発明]

−引用はじまり−

出願番号 : 特許出願平7−305285 出願日 : 1995年11月24日
公開番号 : 特許公開平9−140938 公開日 : 1997年6月3日
出願人 : コナミ株式会社 発明者 : 豊原 浩司 外2名

発明の名称 : ビデオゲーム装置、ビデオゲームのプレイキャラクタ成長制御方法及びそのビデオゲーム媒体

要約:

【課題】 ロールプレイングにおいて、個性ある能力を有するプレイキャラクタを得る。
【解決手段】 ゲーム本体1にゲームカートリッジ4を装填し、コントローラ3を用いてモニタ上でゲーム展開を図る。ゲームカートリッジ4はゲームプログラムROM41と個性ある能力を有するプレイキャラクタに関するデータを保存するRAM42を内蔵する。コントローラ2でプレイキャラクタに種々の言動を繰り返し指示して「残り経験点」をアップさせるようにし、得られた点数の中で、できるだけ所望の能力になるように点数を割り振ることで、個性化された能力を有するプレイキャラクタを育成することができる。

−引用おわり−

[響による可能性の芸術への発想]
個性は個人のもので、また個人も個性は個人のものでありたい、と思っているだろう。これに対し、背景・手段・目的は特定できるし集団のものともできる。しかし、背景・手段・目的は、通常は個人個人に主観的にとらえられている。これを客観的に定義して行なわれるために、ロールプレイングゲームは自己成長や自己発見の手段となりうるのだろう。



著作権法第32条により、可能性の芸術の発展を公益としながら、引用。 

 

(C)Copyright 2005 Kyou Nissho. All rights reserved.