*文書所*


[特許電子図書館で公開されている発明]

−引用はじまり−

出願番号 : 特許出願2000−513267 出願日 : 1998年9月22日
公表番号 : 特許公表2001−517814 公表日 : 2001年10月9日
出願人 : ケント リッジ ディジタル ラブズ(ケーアールディーエル),ナショナル ユニバーシティ オブ シンガポール 発明者 : ワイス,ロンス ラマー 外1名

発明の名称 : 音響効果システム

要約:

音響効果システムであって、行動の特徴のセットを持っている、当該の現象が含んでシステムの音を生成する現象をモデルにして作られた、音響効果を作り出すための音響効果システムで、合成が、音を合成することに対して、意味し、当該の統合が当該の計算装置によってコントロールされて意味する音響効果のそれぞれのためのモデルを処理するための計算装置、中央処理装置を含めての当該の計算装置、メモリとインプット装置、音響効果モデル、当該のモデル本質に対応する音を生成する現象の行動の特徴を有し、音響効果を出力するためのアウトプット手段と、当該の音代表から得られた、シンセサイザーコマンドのストリームを生成するための伝達されているコマンドを言った1コマンド世代が当該の音統合が当該の音を生ずる現象で、音イベントとシンセサイザーパラメータをコントロールするコマンドを始めて、そして終えるコマンドを含めての当該のシンセサイザーコマンドの行動の特徴にとって代表的な音声のアウトプットを引き起こすことを意味する統合がそんなものを意味すると言った:そしてそれによって当該のシステムが効率的な方法で広範囲の現実な音響効果とそれらの相違を引き起こす当該の音を生成する現象の当該の行動の特徴に関連している方法でそれによって当該の音声の生産が変えられるかもしれないユーザーパラメータをコントロールするための手段を具備する音響効果システムである

−引用おわり−

[響による可能性の芸術への発想]
映画などで、悲しみや笑いのシーンで、効果的な音響が奏でられる。効果的音響の分析が進み、社会の日々のさまざまなシーンで活かされる、というのは、どうであろうか?


著作権法第32条により、可能性の芸術の発展を公益としながら、引用。 

 

(C)Copyright 2005 Kyou Nissho. All rights reserved.