*文書所*


[特許電子図書館で公開されている発明]

−引用はじまり−

出願番号 : 特許出願平7−233122 出願日 : 1995年9月11日
公開番号 : 特許公開平9−78325 公開日 : 1997年3月25日
出願人 : 久山 博子 発明者 : 久山 博子

発明の名称 : 心理的作用を与える装飾装置

要約:

【課題】 永続性があり、経済的でしかも高級感に富み、さらに人間の心理とアートフラワーとの融合によって様々な職域の環境に居る人に対して個々に良好な精神状態を与える。
【解決手段】 室内に居る人間に良好な精神状態を与える心理的作用を及ぼすようなスタイル、色彩にアレンジされたアートフラワー2を有する。アートフラワー2の色彩を安心感を与える紫を基調とした2色以上で構成する。アートフラワー2のスタイルを、教育環境に良好な精神状態を与えるコウンスタイルS1 、或いは医療環境に良好な精神状態を与えるラウンドスタイル、或いはサービス環境に良好な精神状態を与えるバーティカルスタイル、或いはオフィス環境に良好な精神状態を与えるオーバルスタイル、或いは役所環境に良好な精神状態を与えるマーメイドスタイルに形成する。

−引用おわり−

[響による可能性の芸術への発想]
モニュメントは抽象的でありながら、心を一定のレベルに高める。日常生活に、こうした効果のある機構が働いていても良いのではないだろうか。


著作権法第32条により、可能性の芸術の発展を公益としながら、引用。 

 

(C)Copyright 2005 Kyou Nissho. All rights reserved.