*文書所*


[特許電子図書館で公開されている発明]

−引用はじまり−

出願番号 : 特許出願2000−193118 出願日 : 2000年6月27日
公開番号 : 特許公開2002−6874 公開日 : 2002年1月11日
出願人 : シャープ株式会社 発明者 : 綿貫 啓子

発明の名称 : 音声処理装置、動画像処理装置、音声・動画像処理装置及び音声・動画像処理プログラムを記録した記録媒体

要約:
(修正有)
【課題】 笑い声区間を自動的に、しかも少ない演算量とメモリサイズで抽出することができる音声処理装置と動画像から笑い動作区間を自動的に抽出することができる動画像処理装置を提供する。
【解決手段】 音声処理装置10は、1フレーム毎に音声パワー、ピッチ、音声波の振幅、周波数スペクトルなどを格納するデータベース101、音声の区間を抽出する音声区間判定部102、抽出された音声の各区間のrms振幅値を求め、各区間の音圧変化の平均を計算する振幅判定部104、振幅判定部104の結果を閾値と比較し、該結果が閾値より大きい状態が所定時間続くときは区間が笑い声区間であると判定する音声認識部105、抽出した笑い声区間を格納する笑い声区間格納部106と、出力部107を備えることにより、音声信号から笑い声区間を抽出する。

−引用おわり−

[響による可能性の芸術への発想]
心理学の成果が応用された印象が強いが、どうだろう。心の豊かな時代になるのに、個人の力では及ばないほど、世界は複雑になってしまった感がある。良い発明が続いてほしいものである。


著作権法第32条により、可能性の芸術の発展を公益としながら、引用。 

 

(C)Copyright 2005 Kyou Nissho. All rights reserved.