*文書所*


[特許電子図書館で公開されている発明]

−引用はじまり−

出願番号 : 特許出願2003−522075 出願日 : 2002年8月19日
公表番号 : 特許公表2005−500578 公表日 : 2005年1月6日
出願人 : 504066852 発明者 : サリヴァン、アラン 外1名

発明の名称 : 3次元アンチエリアシングを用いた多平面ボリュメトリック表示システムおよびその動作方法

要約:

多平面ボリュメトリックディスプレイシステム(10)および方法は、複数の画像深さに対応する複数の個々の光学要素(36〜40)を含む多面光学装置(32)を使用してボリュメトリック3次元画像(34および56)を生成する。画像プロジェクタ(20)は、それぞれの光学要素(36〜40)に画像(24〜30、44〜50)を選択的に投影することにより、多面光学装置(32)で観察可能なボリュメトリック3次元画像(34)を生成させる。3次元画像(34)の生成中に物理的視覚キューを追加することにより、3次元画像を見ている時の深さ知覚を向上させる。フローティング画像生成器(54)は、向上した深さを有する3次元画像を投影することにより、空間中にフローティングするように見える第2のボリュメトリック3次元画像(56)を生成させる。

−引用おわり−

[響による可能性の芸術への発想]
ボリュメトリックとは、厚みのある、といった意味。ITが進むにつれ、二次元世界に脳が慣れていっているのではないだろうか?生体能力としては、この慣れは、退化を意味しそうだ。


著作権法第32条により、可能性の芸術の発展を公益としながら、引用。 

 

(C)Copyright 2005 Kyou Nissho. All rights reserved.