*文書所*


[特許電子図書館で公開されている発明]

−引用はじまり−

出願番号 : 実用新案出願平10−4530 出願日 : 1998年6月23日
登録番号 : 登録実用新案第3055219号 登録日 : 1998年10月14日
実用新案権者 : 株式会社オフィス・オートメーション・システム 考案者 : 阿部 清隆

考案の名称 : 潜在需要調査システム

要約:

【課題】商品の潜在需要を的確に把握し、消費者に対して十分なサービスを行うとともに、お店の信用度や好感度を高める。
【解決手段】消費者から電話回線2を通してアクセスされたなら、メッセージを送出するとともに、当該メッセージに応答した消費者からの応答データを収集するテレプロモーション処理を行うコンピュータ3を備え、予め指定した商品を購入した消費者からアクセスされたなら、当該消費者に対して指定した商品を再購入するか否かのアンケートを行うアンケート処理機能Fを備える。

−引用おわり−

[響による可能性の芸術への発想]
顕在化した購買を利用して、潜在的な需要を調査する発想は、秀逸である。


著作権法第32条により、可能性の芸術の発展を公益としながら、引用。

 

(C)Copyright 2005 Kyou Nissho. All rights reserved.