*文書所*


[特許電子図書館で公開されている発明]

−引用はじまり−

出願番号 : 特許出願2003−46077 出願日 : 2003年2月24日
公開番号 : 特許公開2004−258762 公開日 : 2004年9月16日
出願人 : 日本電信電話株式会社 発明者 : 西松 研 外2名

発明の名称 : 行動モデル作成方法及び作成装置

要約:

【課題】消費者の外面的属性ばかりでなく内面的属性を正確に表現することにより、消費者行動をより高精度にモデル化する。
【解決手段】比較調査対象として選んだ複数の消費者に対し、当該消費者が意志決定時に考慮する評価基準についての質問情報を送ってその回答データを収集し、この収集された回答データをもとに、上記消費者ごとに各評価基準の重視度を求めてこれを多段階に数値化する。そして、上記各消費者を、その属性情報と上記数値化された評価基準の重視度に基づいて、複数のセグメントのいずれかに分類し、これらのセグメントごとに当該セグメントに属する消費者の行動モデルを作成するようにしたものである。
【選択図】 図2

−引用おわり−

[響による可能性の芸術への発想]
人類学で扱うような、異なった民族にも共通の、あるいは共通ではないけど人類の、特徴を特定していくシステムというのは、可能なのだろうか?


著作権法第32条により、可能性の芸術の発展を公益としながら、引用。 

 

(C)Copyright 2005 Kyou Nissho. All rights reserved.