*文書所*


[特許電子図書館で公開されている発明]

−引用はじまり−

出願番号 : 実用新案出願平6−7998 出願日 : 1994年6月10日
登録番号 : 登録実用新案第3005137号 登録日 : 1994年9月28日
実用新案権者 : 安藤 文宣 考案者 : 安藤 文宣

考案の名称 : 知恵の立体駒具

要約:

【目的】 観察力や想像力,思考力や判断力を育て、社会性や科学性を向上させる。
【構成】 上回転体1と、中間回転体2と下回転体3とからなり、1個を除く上記の各筒体内に夫々仕分けできる各立体駒15a〜を夫々収納して各回転体1,2,3を中心ボス筒5,11,8挿通の中心枢軸4を軸に夫々回転自在と成し、各回転体1,2,3の回転操作によって各立体駒15a〜を移動させて所定の仕分けに配列し得るようにしてある。
【効果】 従来の知恵の駒が立体的回転式に改良されたもので、子供の遊びを助けると共に観察力や想像力,思考力や判断力を育て、社会性や科学性の向上に寄与できる。

−引用おわり−

[響による可能性の芸術への発想]
ある人に知的成長を導くものが可能であるなら、人々の知的活動を観察するための手段も現実にできるのだろう。


著作権法第32条により、可能性の芸術の発展を公益としながら、引用。 

 

(C)Copyright 2005 Kyou Nissho. All rights reserved.