*文書所*


[特許電子図書館で公開されている発明]

−引用はじまり−

出願番号 : 特許出願平11−280745 出願日 : 1999年9月30日
公開番号 : 特許公開2001−96067 公開日 : 2001年4月10日
出願人 : コナミ株式会社 外1名 発明者 : 五十嵐 孝司 外1名

発明の名称 : 迷路自動生成方法、記録媒体及びビデオゲーム装置

要約:

【課題】 複雑な形状の迷路を生成可能な迷路自動生成方法、迷路自動生成プログラムを記録した記録媒体、及びビデオゲーム装置を提供すること。
【解決手段】 ビデオゲーム装置を用いて始点及び終点の両方を含む仮想的な迷路を自動的に生成する方法において、予め定められた複数の矩形のブロックからなる格子空間を生成し、格子空間の中から始点ブロックをひとつ選択する。この始点ブロックを始点とし、幅が1ブロックの一本の本通路を形成し、本通路の末端となる2つのブロックのうち、始点ブロック以外のブロックを終点ブロックとする本通路ブロック群を格子空間の中から選択する。次に、本通路ブロック群の中から、予め定められた数のブロックを分岐起点ブロックとして選択する。最後に、分岐起点ブロックを起点とし、幅が1ブロックのブロックからなる一本の分岐路を形成する分岐ブロック群を、各分岐起点ブロックについて格子空間の中から選択する。

−引用おわり−

[響による可能性の芸術への発想]
ロールプレイングゲームの普及で、迷路へのイメージが人々のなかで育っているだろうから、ゲーム機以外の応用も、考えられるだろう。


著作権法第32条により、可能性の芸術の発展を公益としながら、引用。 

 

(C)Copyright 2005 Kyou Nissho. All rights reserved.